生姜ご飯を作ったので食べさすと、「美味しい。美味しい。」という。そうゆわれると嬉しくなるのでまたご飯を作ろうと気になる。だけど、息子の場合は、今日美味しかったからと言って明日も食べるかと言えば疑問が残るところだ。何度「美味しくない」と言われたことか。何度「食べなくていい」と言ったことか。偏食の息子を持つとここまで苦労するとは思いもしなかった。ましてや、5カ月の息子の離乳食も始まった。離乳食を作るのも大変なことだが、偏食の息子に食べさせるのがどれだけ大変か思い知らされた。遠足前日、お弁当になにをいれていいかまったく検討もつかない。ただ保育園マジックは、すごくて家で「食べない」と言うものも保育園では食べる。なので、食べさせたいものを入れておくと食べてくれる。ただそんなことをしていると息子からクレームがきそうなのでやっぱり好きそうなものをいれて完食してもらった方が嬉しい。弁当の買い出しは根気がいりそうだ。http://www.zometool.me/