Month: 1月 2017

塵の撤収太陽には塵袋をきちんとくくって取り決めを守って吐出しましょう

今日は盛り上がる塵芥の徴収日光だ。塵芥コーナーまで持ち歩くのですが1実家4お客となるとそこそこの嵩になり陰気臭いなという気がします。しかし生ゴミをありのまま放置する事も出来ずやむを得ず回収して行って味わう事になります。塵芥鞄の最後には水で濡らしたタバコの吸殻を切り捨てるのですが随時忘れ去るのが携行灰皿の中に残るタバコの吸殻だ。これをぐっすり置き忘れるので注意しておかないといけません。もちろんタバコの火は消えていますが、それをコンビニエンスストアのビニール鞄に入れて水をちょこっとかけてから縛ってほかす事になります。

以前扶養のサイドワークをしていてゴミをまとめてほかしていたのですが、目いっぱいゴミを入れて結びつけるのがハードでした。又ゴミ箱の下に新聞紙を引いておくと良いです。新聞紙が湿気を吸ってくれますから。塵芥を前日に用意しておいて朝方の慌ただしいステージにもたらすので少しだけ手間がかかります。

社に出向くついでにほかせばよいのですが塵芥鞄が二つになって降雨が降っていますと、傘を指すので2回に分けて生み出す事になるので徴収日光には降雨は降って欲しくないだ。さっそく塵芥は定められた原則に沿ってほかすしかないですね。

大気やお天道様定数などについて演習をしました

大気などについて学業しました。お日様放射大志の感じ人間の緯度による違いが、大気や海水の運動をひきもたらし、また陽気による感じ人間の違いが気候の陽気仕込みを生み出している。地球はたえずお日様からの放射を受けていますが、その入射分量と等量の高熱が地球から大気圏外側に放射され、地球の高熱収支が保たれている。私たちの視覚に憶える光は、電磁波の一種です。電磁波は波長の短いものから長いものへ、γ線・X線・UV・光・赤外線・電波に区分されます。お日様から放射されている電磁波(お日様放射)の波長別の大志の強さは、光のポイントがひときわ深く、それより波長の長い場所も、少ない場所も弱くなっている。地球が乗り越えるお日様放射を日射といいます。地球とお日様の隔たりがその規準距離にある場合、大気圏の最上部でお日様放射に垂直な箇所が浴びる日射分量は1.37kW/�uだ。これをお日様定数といいます。ほんとに勉強になりました。