現在地は平野部ですが気象からの区分では寒冷地、夏は都内や埼玉県と同じくらい暑くなるのに、山脈が周囲にあるので冬の気温が低いです。
日本列島の区分を「寒冷地基準」と検索してみると、年間の平均気温が9〜12℃の地域 は寒冷地という気候区分にしているそうです。

例年の寒さからしても寒中の最低気温は0℃もあるし、冬の気温が低いから寒冷地なのだと考えていました。
北海道は現在地よりも平均気温が低いという「6〜9℃と3〜6℃の寒地」という区分が、道内全体の面積の内ほとんどでした。

本州では北関東の地域や中部地域、新潟などの日本海近辺、青森県や岩手県内もこの寒地という気候区分が多かった。
関西や中国地方、四国などでも雪が降るし冬の気温も低い時期はあるのに、寒冷地の範囲は内陸の一部。

寒地や寒冷地は夏に涼しいのが特徴だから冷涼地とも言うけれど、その割には暑い夏という現在地の気象、師走の気温を体感しながら寒冷地らしいなと感じています。ミュゼ 300円 予約