主人公と、もう一人のメンバーで、壁をこわしている中で、出来れば、こういう手段は、とりたくなかったけど、そうも言ってられるような状態でもないし、きれいなやり方だけじゃ、能率が悪くなってしまうしなどの話もして、壊し続けていきます。壊す位置としては、二人で、上と下に、分かれ、その状態から、二人で、同時に、中央に向かうという、そういう手段で、壊していきます。けっこう硬い壁ではあるのですが、力任せに、たたいたりなどして、きれつが、入れば、それを、なぞるように、程度範囲の幅で、壊し床に落としていくなどの方法で、わりと良い方のペースで、順調に壊していき、お互いが、中央付近の壁にたどりつくまでに、そんなに時間もかからなそうな状態に、あります。そこで、その壁を、壊すに、休憩などを、とらずに、ようやく中央付近に、たどり着きます。そこで、二人は、よし、何とかここまで来れたので、あとは、お互いブロックを、押すタイミングを合わせようという話を改めてすることに、なります。